UR賃貸住宅におけるペット事情

UR賃貸住宅にはペットと共に生活することできる「ペット共生住宅」もあります。

共用スペース及び各部屋には、ペットと共に生活する上での必要な設備を設けており、人とペットがともに心地よく快適に暮らる空間になっています。

共用スペースには、まずエントランスに足洗い場があります。

散歩から戻って住棟内に入る前に汚れた足を洗えるように備え付けられています。

また、エレベーターのボタンにも工夫がされており、階数ボタンのほかに「ペット」ボタンがあり、これを押すとこれからエレベータに乗ってくる人にペットが同乗していることを知らせることができます。

部屋の中にも、ペットと一緒に暮らす為の画期的な工夫がされています。

リビングルームのドアはペットくぐり戸付きになっており、ドアがしまっていてもペットはこのぐぐり戸を利用して自由に他の部屋へと行き来することができます。

そして、玄関付近には来客などの際、ペットが飛び出して行かないようにフェンスを取り付けられる取付下地が備わっています。

ペットの安全性にも気が配られおり、バルコニーの隙板の間隔が一般のものより狭くなっていて、ペットの隣戸への出入りや落下を防止します。

このような様々な設備と工夫が、ペット、飼い主、近隣に住んでいる人達の快適な生活を可能にしているのです。

関連記事[http://news.mynavi.jp/news/2013/05/28/144/