バリアフリー化されたUR賃貸住宅

時代の流れとともに生活様式が西洋化し、UR賃貸住宅でも洋室を増やしたり、高齢化社会を反映してバリアフリーにしたりと間取りや設備を新しくすることが必要となってきました。

このような時代のニーズに対応しUR賃貸住宅は、様々なリニューアル住宅を提供しているようです。

特にバリアフリー住宅の需要に対応する形のリニューアル住宅が多く、異なるニーズ合わせた3つのタイプ「リニューアルI、II、III」があります。

リニューアルIは、大規模な間取りの変更と床のバリアフリー化(フローリング)が行われており、和室はすべて洋室になっています。
【参照URL:http://volunteer.kids.yahoo.co.jp/what/welfare/barrier.html

リニューアルII、IIIはどどちらもキッチン、お風呂場等の水廻りが新しくなり、和室は残しリビングのみバリアフリー化されています。

特に水廻りの設備改良により、高齢者の入居者にとってはさらに生活しやすい環境となりました。

具体的には、レンジフードや吊り戸棚が備え付けられたキッチンシステムが導入されて使い勝手のよい台所になりました。

さらに、浴槽は自動お湯張り機能つきの浴槽に取り替えられました。

お湯を張る際の操作は、全てリモコンで可能なのでお風呂場に行く必要がなくなりました。

これからも高齢化がどんどん進んでいく日本では、リニューアル住宅の需要はさらに高まっていくでしょう。